Culture  

連載 CREATOR'S EYE
第1回「ふいに泣いてしまった小説」

share
未来を知るという経験は、生き方を変えるのか 『あなたの人生の物語』テッド・チャン

未来を知るという経験は、生き方を変えるのか

『あなたの人生の物語』テッド・チャン

ラッパー・環ROY

僕はSF映画が好きです。とくに『マトリックス』や『マイノリティーリポート』『トゥモロー・ワールド』など、このまま進んでいくと近い将来はこういう社会になっている……かもしれない。といった、現実の一部を誇張したような作品が好きです。ある時、「そういうSF映画ってだいたい見ちゃった気がする、他にいい作品はないかな?」と友人と話していたところ、「小説にいけば? 原作も多いし」と言われて。「なるほど!」と思った僕は、SF作家のグレッグ・イーガンやフィリップ・K・ディック、小松左京の小説をまとめ買いしました。その中の1冊がこれです。
発売されているテッド・チャンの単行本は、この本だけです。1990年にデビュー作が科学誌の小説コーナーに掲載されて以降、中短編あわせても20篇程度しか発表しておらず、そのうちの8編がこの本にまとめられています。よっぽどじゃないと書かないし発表しないそうで、1作品ごとの集中力が非常に高い。「天国と地獄が実在する世界」や「顔の美醜を失認させるテクノロジーが発達した世界」「人類を超えた、超人類と人類が共存している世界」など、どの作品もエスプリ満載で素晴らしいのですが、“泣いてしまう”ってテーマだと、表題にもなっている『あなたの人生の物語』だと思いました。
ざっくりいうと、地球に降り立ったエイリアンと接触した言語学者が、彼らの言葉を理解することで、ある特殊な経験をするというお話です。主人公が “あなた”へと語りかける言葉には、悲しみや慈しみ、切なさ、愛おしさ、そして覚悟が入り混じっています。だけど、その語り口は静かで落ち着いたトーン。物語が進んでいくと、得も言われぬジーンとした感情が何度も湧き起こってきます。言葉で説明するのがとても難しく、非常に入り組んだ小説なのですが、ぜひ読んで体感してほしい。映画化もされていますが僕は未見です。他の短編も最高なので、原作で読むことをオススメします。
『あなたの人生の物語』(早川書房)
テッド・チャン 浅倉久志ほか訳
https://www.amazon.co.jp/dp/4150114587
環ROY(たまき・ろい)
環ROY(たまき・ろい)
1981年、宮城県生まれ。最新作『なぎ』を含む5枚のCDアルバムを発表し、様々な音楽祭へ出演。劇場や美術館などでのパフォーマンスも多数。息子にライブ動画を見せて反応を楽しんでいるこの頃です。BIGYUKIさんのこれに大盛り上がりでした。
http://www.tamakiroy.com/
Photographs by OHSHIMA Toru 、TAKAHASHI Munemasa(MIZUNO Portrait)
Text by HATTORI Madoka
Edit by HATTORI Madoka、OBAYASHI Shiho
36 件
share