Topics  

「アマン京都」が2019年11月にオープン

share
アマン京都

古きを尊び新しきを取り入れる

プライベートな邸宅にいるかのような心温まるおもてなしと、ラグジュアリーな体験ができるリゾート・コレクションであるアマン。2019年11月、日本で3つ目のアマンがオープンします。
「アマン京都」は、京都・洛北、左大文字山から続く鷹峯三山の麓にある美しい森と庭に囲まれた場所に位置しています。江戸初期に琳派の創始者、本阿弥光悦が居を構え、芸術村として栄えたことでも知られています。金閣寺、光悦寺、源光庵、常照寺など、茶室や庭が美しい名刹が点在し、京都の芸術文化に浸るには理想的なロケーションです。
敷地面積は約2万4000平方メートルを誇ります。かつての所有者が織物美術館を創ることを夢見て、年月をかけて育んだ森と庭。繊細な自然が、アマンによって今後も守られていくことになりました。
初夏には活き活きと茂る青紅葉が、秋には赤く染まる紅葉が美しく彩り、隠れ家のようなモダンな建築と自然が、他では味わえない景観を生み出します。古きを尊び新しきを取り入れるという、京都が誇る美の真髄と言えるでしょう。
建築は、アマン東京やアマネムを手掛けたケリー・ヒル アーキテクツによるもの。自然の庭の美しさと調和するよう配慮された設計となっています。敷地内はアライバル棟、リビング棟(オールデイダイニング)、レストラン棟(日本料理)、スパ棟、24の客室がある4つの宿泊棟、そして2ベッドルームのヴィラをそれぞれ有する2つの棟で構成されています。
26の客室はいずれも日本旅館に受け継がれた伝統を踏襲しながらモダンに昇華させ、自然の景観を最大限尊重したスタイルで統一されています。家具と照明はすべて、アマン京都のために設計されたオリジナルデザインです。
各部屋に設えられた工芸品、部屋からの景観、檜風呂などが、落ち着いた空間ながら非日常をも演出してくれます。
またレストラン棟にあるシグネチャーレストランでは、厳選された京都の季節の食材を使った日本料理を堪能することができます。また、オープンテラスを備えたオールデイダイニングでは、洋食やアフタヌーンティー、京都のおばんざいスタイルの食事やお茶のほか、竹籠にて提供される軽食とともに屋外でのピクニックも楽しめます。
天然温泉を備えたアマン・スパでは、古くから日本人に愛されてきた宇治茶、丹波の黒豆、地酒、コールドプレスの椿オイルやきびそ繭、金箔など、美容と健康に使用されてきた自然由来の材料を使ったトリートメントを提供します。
アマン会長のウラジスラフ・ドロニン氏は、「アマン京都の開業は、アマン東京とアマネムでの成功に続き、私どもの日本に対するコミットメントと、日本での“ジャーニー”をより充実させたい、という願いをかなえてくれます。アマン京都は、故ケリー・ヒルと彼のチームによって実現された美しさ際立つデザインで、アマンの理念である自然に対する深い敬意を表しています。京都のさまざまな魅力をアマンならではの視点でご紹介するとともに、この美しいシークレットガーデンでの体験を、アマンのお客さまにご提供できますことを楽しみにしております。」とコメントしました。
京都の歴史と自然を感じながら、身も心もリラックスできる「アマン京都」。ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。
アマン京都
オープン日程|2019年11月
住所|京都府京都市北区大北山鷹峯町

https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-kyoto
share