Style  

すぐに友だちができる人の7つの習慣

share
人生のこの時点までくれば、あなたにも中心となる友人の輪があるはずです。そうした友人たちは、つらい時も楽しい時も、あなたを見守ってくれていたことでしょう。それでもたまには、交友範囲を広げたくなることだってあります。
今の友人たちがあまり乗り気ではない活動を、一緒に楽しめるような新しい友人が欲しい、または新しい街に引っ越したので、同じ地域で友人を探したいと思うこともあるでしょう。それとも、ただ社交の範囲を広げたいと感じることもあるかもしれません。理由はなんであれ、大人になってから友人を作るというのは……ちょっと難しい気もしますよね。
もちろん、いとも簡単に誰かと友達になってしまう人もいますし、それは素晴らしいことです。しかし、そこまでうまくできない人たちにとっては、もう少し努力が必要です。そこで、誰とでもすぐに友達になれる人たちはどのような習慣を持っているのかを知るために、3人の専門家たちに話を聞いてみました。以下のリストから、真似できそうな習慣を見つけてみてください。

アプローチされる前に自分から近づく

パーティー会場や、試着室の順番を待っている列で、はたまた子どもを連れていく公園で。場所はどこでも、そばにいる誰かに話しかけることさえできれば、少なくとも会話は生まれます。それが友情に発展することもありますよ。「他人との接触を試みることは、新しい友人関係を築くための最初の一歩です」社会人格心理学者で、ミシガン州立大学教授のウィリアム・チョピック博士はこのように説明しています。「最もうわべだけに思える人間関係でも、のちに深い関係へ発展する可能性もあります。それは自分の関心事や趣味、意見や目標といった、ごく基本的な情報を誰かと分かち合うことから始まります。誰かに話しかけない限り、そうした情報を知ることはできないのです」
というわけで、気になる人がいたら、さっそく近づいて話しかけてみてはどうでしょうか。そこから始まる未来に驚かされるかもしれませんよ。

人前では携帯を触らない

どうしても出なくてはいけない電話や、返信しなくてはいけないメールも当然あります。しかし、関係心理学者のカリン・アンダーソン・アブレル博士は、社交の場で携帯電話をいじることを心の支えにしてしまうと、周囲の人たちにあなたは手一杯なのだという印象を与えてしまうと指摘します。「そうすると、同じ部屋にいる人たちに『自分はここにいてもしょうがないし、あなた方と関係を持ちたいとは思っていない』というメッセージを伝えることになってしまいます」
チョピック博士も、会話の最中には携帯電話を触らないように勧めています。「いくつかの調査の結果、人は、会話をしようとしている相手が携帯電話を手にしていると、落ち着かない気持ちになり、イライラしてしまうということがわかっています」

ポジティブ思考でいる

ネガティブ思考に陥りがちな人と話していると、ちょっとしらけた気分になり、それでも相手を励まさなくてはという気持ちにさせられてしまう。そんな経験はありませんか? アンダーソン・アブレル博士は「ポジティブでいることには、とてつもない効果があります」と言います。ポジティブなフリをする必要はありません。しかし、誰かに話しかけたり、自分について話したりする時、思いやりを持ち、友好的な態度をとろうと心がけていると、のちに良い結果が得られるはずだと博士は話しています。

聞き上手である

「人は誰でも、自分の個人的な話を聞いてもらいたいものですし、それを誰かと分かち合いたい、理解されたいという願望を持っています」精神科医で「The Power of Different」というポッドキャストのホストを務めるゲイル・ソルツ博士はこう回答しています。ですから、まず相手に質問をして、その答えにきちんと耳を傾けてみましょう。

人に親しみを抱きやすい

もちろん、他人には礼儀正しく、丁寧に接したいという気持ちはわかります。それでも出会ってすぐにフレンドリーに接することで「相手との間に親密さが生まれます」とソルツ博士は説明します。
アンダーソン・アブレル博士の意見も同じです。たいていの場合、そうすることで相手をホッとした気持ちにさせ、そばにいることが心地よく思えるようにできる、と博士は説明しています。笑顔で相手に近寄り、「調子はどうですか?」と話しかけるだけでもいいのです。

新しいことにひとりでチャレンジする

そうした傾向は、他人に次のような印象を与えるとソルツ博士は言います。自信がある(人は自信がある人に惹かれます)、人付き合いが好き(ひとりの友人と隅に引っ込んでいるのではないとわかるため)、そして好奇心旺盛、という魅力的な印象です。アンダーソン・アブレル博士は、そういうタイプの人は、フィットネス教室やアート活動などで、気の合う仲間を見つけやすいと指摘しています。

笑顔を見せる

これは想像以上に大きな効果をもたらします。誰かに心からの微笑みを見せると「それが相手にも伝わり、うれしい気持ちにさせることができます」とソルツ博士は説明します。「笑顔は人に喜びを与えます。だから人は引き寄せられるのです」
アンダーソン・アブレル博士はさらにこう付け加えます。微笑みは「人の敵意を和らげてくれるはずです。だから笑顔はパワフルな道具なのです」
この記事は、SheKnowsのKorin Millerが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは、legal@newscred.comにお願いいたします。
share