Style  

夜寝る前に冷蔵庫に入れるだけ。世界一簡単な朝食

share

オートミールというものは、ふつうに調理したとしても、ほんの数分あれば用意ができます。それでも、寝ぼけ頭でなんとか寝室から這い出そうとしている朝や、完全に二日酔いになってしまった朝はどうでしょう。何かを煮たり、電子レンジで温めたりするのではなく、ただ冷蔵庫から瓶を取り出せばいいだけだとしたら、その差は明らかなはず(昨晩の自分に、心からの感謝を!)。というわけで、オーバーナイト・オーツの世界へようこそ。

 

作り方は、液体類(通常はミルク類)とロールドオーツ(加熱処理済みの一般的なオートミール)を混ぜるだけ。つまり、ふつうのオートミールを調理する手順の途中でストップすればいいのです。あとは812時間ほど冷蔵庫で冷せば、完成です! ふつうの温かいオートミールを作る際は、液体類とオートミールの割合は21になりますが、オーバーナイト・オーツの場合は11と、覚えるのも簡単。さて、ここから楽しいカスタムが始まります。

 

オートミール

基本の量は1/2カップ。栄養豊富にしたい場合は、炒った麦芽やチアシード、フラックスシードをスプーン1杯加えてみましょう−−−−これで世界もあなたにびっくりのはず!

 

 

液体類

ナッツバターやドライフルーツなどの具材(下記参照)をたくさん混ぜ込む場合は、1/2カップよりも多めに入れた方がよいでしょう。まず、オートミールと具材に、液体を1/2カップ足します。それから、できあがりの予想よりも少しゆるい状態になるまで、さらに少しずつ足していきます。オートミールは水分を吸収し、糊化するので、後から粘り気が出てくることを覚えておいてください。液体の種類は、牛乳(脂肪分は何パーセントでも可)や豆乳、アーモンドミルク、カシューミルクなど、お好きなものを選んでください。オートミルクでも大丈夫です(かなり「メタ」な感じになりますが)。さらにパワーアップさせたい場合は、最高に濃く淹れたコーヒーやエスプレッソでミルクを割ってもよいでしょう。

 

 

ナッツ(またはシード)バター

ピーナッツバターやアーモンドバター、カシューナッツバター、ピーカンナッツバター、ゴマペースト、そしてヒマワリの種ペーストなど、お気に召すままに選びましょう。甘みのついていないもの、もしくは塩味のものがおすすめです。まずはスプーン1杯からスタートして、それから足していくようにしましょう。歯ごたえがほしい場合は、刻んだローストナッツを加えてみてください。ナッツバターと同じ種類でもいいですし、ピーナッツバターにピーカンナッツ、タヒニ(生ゴマペースト)にカシューナッツなど、違う種類を組み合わせても構いません。

 

 

果物とドライフルーツ

生の果物を使う際には注意が必要です。液体に浸すことになるため、形が崩れやすい果物はドロドロに溶けてしまう可能性があります。硬めのブルーベリーやパイナップル、または刻んだナシなどを試してみてください。ドライフルーツならどんな種類でも大丈夫です。レーズンやドライカランツ、刻んだドライアプリコットやドライデーツなどがおすすめです。原材料名の表示を見て、砂糖が入っていないか確認するのを忘れずに。入っていても構いませんが、もし砂糖を控えたいと思っているなら……。

 

 

甘味料

白砂糖や黒糖のように溶かす必要のある粒子状のものではなく、液状の甘味料をおすすめします。たとえば蜂蜜、メープルシロップ、玄米シロップ、アガベシロップ、糖蜜、ザクロ糖蜜、それからチョコレートシロップなどがあります。シロップたっぷりのイチゴや、種がたくさん入ったイチジクなど、ジャムやフルーツの砂糖煮も、甘みや風味を加えてくれるのでぴったりです。

 

 

おまけ

味わいを深めたい場合は、ひとつまみのコーシャーソルトや黒胡椒、柑橘系の果物の皮をすりおろしたもの、バニラエクストラクト、シナモン、生姜、チョコレートチャンクなどを加えてみてください。

 

 

トッピング

朝になって、オーバーナイト・オーツをちょっとデコレーションしたくなった時には、形の崩れやすい果物(ブラックベリーやラズベリー、イチゴなど)、刻んだナッツ、そしてグラノーラ(オーツ麦×オーツ麦ですね!)などをトッピングしてみてください。

 

 

具体的な組み合わせが知りたい人のために、次のレシピをご用意しました。

 

・ アーモンドミルク + アーモンドバター + イチゴジャム + トッピングにフリーズドライのイチゴ

・ 豆乳 + パンプキンバター + 素焼きしたピーカンナッツ + 砕いたグラハムクラッカー

・ コーヒー牛乳 + チョコレートシロップ + トッピングに素焼きしたヘーゼルナッツ

 

最後に、私が生み出した最新の組み合わせをご紹介。チョコレートチャンク入りのオートミールクッキーをイメージして作ったものですが、こちらは朝食用です(とはいえ、大した違いはないのですが)。レシピは次の通りです。

 

 

タヒニとチョコレートチャンク入りオーバーナイト・オーツ

by エマ・ラペルク

 

・ロールドオーツ 1/2カップ

・全脂牛乳または豆乳 1/2カップ(必要な場合はさらに足す)

・よくかき混ぜたタヒニ 大きめのスプーン1

・チョコレートチャンク(おすすめはビタースイート) テーブルスプーン2

・メープルシロップ ティースプーン1

・バニラエクストラクト ティースプーン1/4

・コーシャーソルト ひとつまみ

 

レシピの詳細はこちら

 

この記事は、Food52のEmma Laperruqueが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは、legal@newscred.comにお願いいたします。

share