Topics  

“泊まれる茶室” 新型カプセルホテル 「ホテル・ゼン・トーキョー」今春オープン

share
“泊まれる茶室”をコンセプトにした、カプセルホテル「ホテル・ゼン・トーキョー」が、今春、日本橋人形町にオープンします。千利休が16世紀後半に生み出した茶室の傑作「待庵」を21世紀型に再解釈したという、和モダンな客室が特徴的です。
各客室は天井高が2メートル以上あり、高級なシモンズ・ベッドを取り入れ、ミニマルな空間でありながらゆったりと過ごすことができます。さらに、日本画を次世代へ引き継ぐ4名の日本人アーティストによる日本画の装飾は、上質な和文化を感じさせます。
全7フロア、計78の客室、価格は¥6,000+税~。

「ソマルタ」の廣川玉枝氏がルームウエアをデザイン。日本産にこだわったバーも同時オープン

こだわりを見せるのは客室だけではありません。ルームウェアは、日本を代表するブランドSOMA DESIGNクリエイティブディレクター・デザイナーである廣川玉枝氏がデザインしています。着物にインスパイアされ作られたというルームウェアは、市中の山居である茶室空間の中、自然の風景を身に纏い、当ホテルのコンセプトである、『禅』の心を引き寄せるデザインとなっています。
ホテル開業と同時にバー・ラウンジTAIANが当ホテル地下1階にオープンします。ドリンクメニューはフランス・パリRestaurant TOYOの東京ミッドタウン日比谷店の総支配人兼シェフソムリエを務める成澤亨太氏が監修。
バー・ラウンジの正面は鉄の茶室のオブジェが設えられ、スタイリッシュに。今年春以降にはRestaurant TOYOと共に、期間限定のフードメニューをローンチ予定。ワインや日本酒とのマリアージュなど提供方法にもこだわっています。
今日、大都市化や消費文化が進み、、アンチテーゼとしてミニマリズムや禅の精神が世界中で人気を博すなか、SENは日本の禅の精神を極小空間の「茶室」を軸として、次の時代へアップデートし、日本文化の新たな解釈と、正しい普及、都市課題の解決を目指しています。
この第一号店をオープンした後、10年間で直営店・フランチャイズ含め国内外50店舗に拡大していく予定です。
hotel zen tokyo
所在地:東京都中央区日本橋人形町1-5-8
アクセス:人形町駅 徒歩1分、水天宮前駅 徒歩5分
ベッド数:78
開業日:2019年4月上旬 (予定)
share