Culture  

連載 CREATOR'S EYE
第5回「また訪れたい日本の宿」

クリエイティブな仕事をしている三人の方に、あるテーマにそってモノやコトを推薦いただく本企画。5回目のテーマは「また訪れたい日本の宿」です。自然の中でリラックスした雰囲気を楽しめる宿、京都でアートと滞在する宿、囲炉裏のある純和風旅館の3軒をご紹介します。
share

シンプルでミニマルな佇まい

「星のや軽井沢」

ラッパー・環ROY

仕事柄、地方都市へ行くことは多いのですが、ほとんどがビジネスホテルに泊まっていて、純粋な国内旅行の経験は多くありません。そんな僕ですが4〜5年くらい前に行った「星のや軽井沢」のことは強く覚えていて、また行ってみたいと思っています。
客室は戸建になっていて、レセプションや図書館、温泉が併設されています。エリア一帯がシンプルでミニマルなトーンで統一されていて、植物の存在も身近に感じることができる。軽井沢には“別荘がたくさんある場所”程度のイメージしか持っていなかったので、海外のリゾートホテルのような佇まいに驚きました。
少し歩くと、レストランやカフェ、雑貨店、マッサージ店、家具店などが集合している「ハルニレテラス」という小さな商店街のような区画があります。蕎麦やイタリアン、中華など、その時の気分で好きな料理を食べたり、簡単な買い物もできて過ごしやすかったです。
旅先では、何かアクティビティをするわけではなく、リラックスしてのんびりと過ごすことが多いです。ちなみにマレーシアのランカウイ島にある「The Datai Langkawi」というホテルが、僕史上最も印象に残っています。そのホテルは、自然と溶け合いながら森の中に埋もれるように存在しています。観光のために出歩くというより、やっぱり篭ってのんびりと過ごすって感じなんですけど、「星のや軽井沢」と共通する部分があるのかもと思いました。
星のや軽井沢
長野県軽井沢町星野
https://hoshinoya.com/karuizawa/
環ROY(たまき・ろい)
1981年、宮城県生まれ。最新作『なぎ』を含む5枚のCDアルバムを発表し、様々な音楽祭へ出演。劇場や美術館などでのパフォーマンスも多数。最近U-zhaanさん、鎮座DOPENESSさん、坂本龍一さんとお風呂の曲「エナジー風呂」を作りました。
http://www.tamakiroy.com/
38 件
share