Style  

青色、朝食、コーヒーショップ…… 創造力をアップする7つの要素

share

たとえば『ゴーン・ガール』に続くベストセラーを書きたいと夢見たり、上司の印象を良くするために、うまい問題解決方法を発案したいと思ったり。もしくは、日常のルーティーンにちょっとしたファンタジーを取り入れたいと感じていたり……そんなあなたに、クリエイティビティを高めるための意外な方法をお伝えしましょう。以下にご紹介する科学的な研究にもとづいたアドバイスを参考にすれば、きっと新しいアイディアをどんどん思いつくはずです。

 

 

照明は薄暗く

ドイツの研究チームは『Journal of Environmental Psychology』に掲載された論文のなかで、照明を落とすことで人の心理的な抑圧が軽減されることを発見し、結果としてより探索的で独創的な思考が促されることがわかったと発表しています(確かに、理解できる気がします)。ですから創造性を発揮したい時には、ぜひ照明を薄暗くしてみてください。部屋は暗くとも、良い「ひらめき」を得られるのではないでしょうか。

 

 

デスクは雑然と

整頓好きのみなさんは、特によく聞いてくださいね。『Psychological Science』 に掲載されたある研究では、被験者は散らかった部屋もしくは片付いた部屋のいずれかに振り分けられ、その後で卓球の球をテーマにした小説のアイディアを考えるように指示されました。いずれのグループもほぼ同数のアイディアを思いつきましたが、独立した審査員団の判定では、散らかった部屋のグループの方がはるかにクリエイティブなアイディアを思いついたという結果が出ています。というわけで、自宅のデスクの周りは散らかしっぱなしにしておきましょう(くれぐれも、職場のデスクではやらないように)。

 

 

青色のものを眺める

目の前に広がる海を見つめていると、アイディアが溢れてくる……そんな人もいるかもしれません ブリティッシュコロンビア大学の研究で、青い色はクリエイティブな作業のパフォーマンスを高めることがわかりました。研究者たちはその理由として、青色は空や海、水を想起させ、結果として人は「開放性や平穏、静けさ」を連想するからではないかと考察しています。そうしたイメージが、人に創造的で探索的な気持ちを与えている可能性があるというのです。おもしろいことに、より細かい作業においては、赤色が能力を向上させることも同研究で明らかになりました。

 

 

ワインをグラス一杯

イリノイ大学シカゴ校のある研究では、血中のアルコール濃度が0.075mg/ml(米国で酒気帯び運転とみなされる基準値を少し下回る数値)に達した被験者の方が、飲酒をしていない被験者と比較してより創造的な問題解決方法を示すことができるという結果が出ています。その理由として、お酒を飲むことで集中力が緩み、結果として関係性が低いと思われる物事を結びつける能力が高まるからではないかと言われています。それでは乾杯といきましょう!

 

 

コーヒーショップに行く

これで、近所のスターバックスがいつも混んでいる理由がわかるはずです。 『Journal of Consumer Research』 に掲載された研究では、人は適度な騒音(およそ70デシベル、コーヒーショップの店内の音)に包まれている時に最もクリエイティブになれるという結果が出ています。背景の音に注意を削がれそうになることで、人はより深く思考するようになり、結果として独創性が高まるそうなのです。また、それより少し静かな環境(およそ50デシベル、オフィス内の音)は、かなりの集中力を要する作業(たとえば確定申告の書類作成など)に適していることもわかっています。

 

 

朝食に変化を与える

たとえばボウルには先にシリアルを入れ、その後でミルクを注ぐという人は、その逆を試してみてください。また、毎朝コーヒーを飲んでいる人は、代わりに紅茶を飲んでみましょう。  オランダのある研究で、普段通りのやり方でサンドウィッチを作るように言われた被験者と、いつもとは異なるやり方(先に具をお皿に載せておき、パンのバターを塗ってある側を下に向けて具の上に載せる、という方法)を指示された被験者では、後者のグループの方が高い柔軟性を示したという結果が出ています。毎日の習慣に変化を与え、脳の働きを強制的に切り替えさせることで、新しいアイディアを思いつくきっかけになるということです。

 

 

瞑想する

『Frontiers in Psychology』に掲載された論文では、瞑想をすることでより発散的な思考が促されると報告されています。科学者たちはその理由として、瞑想には人の気持ちをポジティブにする効果がある(結果として創造性が向上する)ためという見解を示しています。また、  『Thinking Skills and Creativity』  に発表された別の研究では、特に内向型の人たちにとっては、瞑想やヨガといった活動がクリエイティビティを発揮する助けになる(より安らいだ気持ちになれるため)と報告しています。興味深い話だと思いませんか?

 

 

この記事は、PureWow が執筆し、NewsCred パブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは、 legal@newscred.comにお願いいたします。

share