Style  

自分の身体をもっと好きになるために、今すぐできる5つのこと

share

自分の体型に自信がなくなった時、とっさにエクササイズクラスの予約を取ったり、さして美味しくもないサラダばかり食べ続けたりしてはいませんか? 確かにそうしたことにも効果はあるかもしれません。でも、ここでみなさんにとっておきのニュースをお伝えしましょう。実は、エクササイズやダイエットをせずとも、自分の身体をもっと好きになれる方法があるのです。そのためのシンプルな方法を5つお伝えしますね。

 

 

人と比べない

「比較は人から喜びを奪う」という言葉がありますが、まさにその通り。人は誰しも違う存在です。ですから、どうして自分は姉や妹、友人たちや隣人のような外見をしていないのだろうと悩んでも仕方ありません。比べたくなる対象がいかに素敵に見えたとしても、それぞれに自分の欠点を思い悩む日だってあるはずです。

 

 

ポジティブなことに目を向ける

きっとあなたにも、自分の身体のなかで、他の部位よりも少しだけ自信がある部位があるはずです。鏡を見ながら「ああ、このお腹、もっとへこんでいたらいいのに」と嘆く前に、まるでメーガン・マークル妃(英国王室ヘンリー王子の配偶者)のような、誰もが憧れる立派な肩のラインに目を向けてみましょう。また、美的観点からでなく、その機能を評価することもポイントです。たとえば、筋肉がしっかりついた太腿を気にしている人は、もっと細くなりたいと願うのではなく、この逞しい脚のおかげで自分が何をできているかを考え、それに感謝してみましょう。

 

 

SNSの使い方を見直そう

SNSを使いすぎていることに、罪悪感を覚えている人は少なくないでしょう。しかしそれだけではなく、SNS上でフィットネスモデルや顔を美しくレタッチした女優たちの写真、そしてカーダシアン姉妹といったセレブリティを目にすることで、自分自身に対する認識を曇らせてしまっている可能性もあります。SNSを見るたびに落ち込んでしまうという人は、ネット使用をしばらくお休みしてみましょう。もしくは、そうした写真を投稿する人たちのフォローを外すこともおすすめです。ブログのヨガ講師の写真を見るだけで、自分の体型に自信をなくしてしまうのなら、(ダウンドッグのポーズを練習するのではなく)ブログの購読をやめ、自分らしい生活に戻りましょう。

 

 

落ち込んでもいい

人間ならば誰でも欠点はあるもの。すべてが完璧な人など、きっといないはずです。ですから、自分自身に自信を持てない日があったとしても、まったく問題ありません。ちょっとつらい気持ちになったとしても、それ以上に良い気分で過ごせる時間を持てるなら、何にも心配することはないのです。大丈夫、あなたは十分うまくやっていますよ。

 

 

フリをする

そう、それが現実になるまでフリをしてみるのです。自分の身体に自信が持てないのなら、まず自信があるフリをすることから始めてみましょう。数日間続けるうちに、自分の素晴らしさを実感できるようになるかもしれません。 あなたの周囲の人たちがとっくに気づいていたように、あなたはそのままでとっても素敵なのですから!

 

 

この記事は、PureWowが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは、legal@newscred.comにお願いいたします。

share