Beauty  

ひとり時間も楽しく有意義に 今すぐ試せるセルフケア・アイデア50

share

日々の暮らしにおいて、自分の心と身体の健康を最優先に考えることはとても大切なことです。特にストレスにさらされているような環境下では、それは不可欠なことだと言って良いでしょう。しかしエステサロンやヨガクラス、映画館など、普段私たちに安らぎを与えてくれる場所に足を運びづらくなっているいま、どうしたら心身ともにリラックスできるでしょうか。そこで、これから家でもできる50のセルフケア方法をご紹介します。

 

1. ベッドを整える。たった2分の努力で、気持ちもすっかり整いそうです。

 

2. 憧れの地域への旅行計画を立てる。行けるのはずっと先になるか、あるいは今後行くことも叶わないかもしれません。それでもミコノス島で日光浴をする自分を思い浮かべるだけで、きっと楽しい気持ちになるでしょう。

 

3. ひとりカラオケを楽しむ。アリアナ・グランデの高音パートをどんなに外れた調子で歌っても、誰かに聞かれる心配もありません。

 

4. 湯船にゆっくり浸かる。リラックス用のプレイリストを聞きながら、皮膚がふやけるくらいじっくりバスタイムを楽しみましょう。

 

5. 「やり終えたことリスト」を作る。これからやるべきことを書き出したTo Doリストではなく、すでにやり終えたことを書くのです。

 

6. 昼寝をする。20分でも2時間でも、夢のなかで好きに冒険しましょう。

 

7. 普段は勇気がなくてできないメークを試してみる。Youtubeで派手なメークのチュートリアル動画を調べてみましょう。完成したら、セルフィーを撮って友人に送りましょう。

 

8. わがままになってみる。時には自分を最優先にして良いのだと、思い出しましょう。

 

9. しょっちゅう水を飲む。水分を補給することは、もっとも簡単なセルフケアのひとつと言われています。

 

10. TED Talk(Technology Entertainment Designをテーマにした世界中のエキスパートたちによるプレゼンテーション)を見てやる気を起こす。おすすめはブレネー・ブラウンのトークです。

 

11. 旧友に電話をする。お互いの近況を聞き合うことで、きっと顔に笑みが広がるはずです。

 

12. お気に入りのキャンドルに火を灯す。香りに意識を集中し、すべての匂いを嗅ぎ分けることができるか試してみましょう。

 

13. 必ず笑えるお気に入りのNetflix映画やドラマを観る。女性が主人公のおすすめ作品リストはこちら

 

14. 自分の好きなところを10個書き出してみる。セルフラブ(自分を愛すること)はセルフケアです。自分をたっぷり褒めてあげましょう。

 

15. Youtubeでヨガのレッスンを受ける。Yoga with Kassandraの無料動画がおすすめです。

 

16. スマートフォンを「おやすみモード」にする。たとえ1時間でも、ショートメールやEメール、Instagramのストーリーズから離れて過ごすことで、気持ちをリフレッシュできるでしょう。

 

17. オンライン美術館を訪問してみる。GoogleのArt's & Cultureにアクセスすることで、自分の部屋にいながら世界的なアートコレクションを鑑賞することができます。

 

18. シーツを替える。洗いたての清潔なシーツに寝転がるのは、何ものにも代えがたい気持ち良さです。

 

19. お菓子を焼く。お得意のレシピでも、初めて挑戦するレシピでも構いません。ポイントは、小麦粉に手で触れること、そしてひとり分以上の量をぜいたくに食べることにあります。

 

20. クローゼットを「こんまり化」する。ときめかないものは、処分しましょう。寄付をするために取っておくか、フリマアプリを利用しましょう。

 

21. マントラ(サンスクリット語。日本語では真言とも言われ、神秘的な力を持つとされる語句)を作る。ヒントになるサイトを参考に、自分の人生を象徴するような言葉やフレーズを考えてみましょう。

 

22. 気分に合わせたプレイリストを作る。次に散歩に行く時に、作ったリストを早速再生しましょう。

 

23. マニキュアを塗る。サロンでお願いするよりもずっと安く済みますし、場合によっては長持ちすることも。

 

24. Pinterestを開いてポジティブな格言を探す。たとえ嘘っぽく感じても、インスパイアされる可能性だってあります。

 

25. かわいい動物ムービーを観る。子犬でもパンダでもホッキョクグマでも、Instagramを探せばとてもキュートな動物の動画がいくつもアップされています。

 

26. スマートフォンに保存した写真を見返してみる。自分が経験した素晴らしい思い出に浸りましょう。

 

27. ずっと前に楽しんだ携帯ゲームを再ダウンロードしてみる。「Words with Friends」がまたプレイできるようになりましたよ。

 

28. 長い散歩に出る。お気に入りのpodcastやプレイリストを準備して、ぶらぶら歩いてみましょう。

 

29. ストレッチする。必死になってエクササイズしなくても、自分の筋肉をいたわることはできます。

 

30. 家をすっきりさせる。洗濯をして、散らかっているものを片づけ、ごはんの準備をしましょう。終わった後には、きっと気分もすっきりするはずです。このサイトを参考に、たった2時間のそうじでキッチンシンクがピカピカになるお手入れチェクリストを試してみるのもおすすめです。

 

31. 気持ちを落ち着かせるような朝と夜のルーティンを作る。目覚めた時にハッピーになり、夜はリラックスできるような行為を思い浮かべ、それを習慣化しましょう。

 

32. 自分でコーヒーをカスタムしてみる。スターバックスもびっくりの素敵なドリンクを考えてみましょう。

 

33. 朝日が昇るところ、夕日が沈むところを見る。写真は撮らず、ただ眺めるのです。

 

34. 落書きする。わざわざ大人用の塗り絵を用意する必要はありません。紙とペンを引っ張り出して、心のままに創造性を発揮しましょう。

 

35. ずっと読みたいと思っていた本を読む。ワインをお供に、がおすすめです。

 

36. 一番リラックスできる服に着替えて瞑想する。瞑想を始めるための4つのヒントはこちら

 

37. 日記をつけ始める。ずっと始めようと思っていた人は、いまこそチャンスです。

 

38. SNSのフォローを整理する。ある人の立派な腹筋の投稿を見ていつも落ち込んでしまうなら、さっそくフォローを外しましょう。投稿をミュートにするだけでも良いでしょう。

 

39. 気持ちを穏やかにする呼吸法を学ぶ。リラックスするために必要な時間はたった16秒。ぜひ試してみてください。

 

40. 感謝のリストを作る。ありがたいと思っていることを書き出してみることで、いっそう感謝の気持ちが湧いてくるでしょう。

 

41. オリジナルのフェイスマスクを作ってみましょう。作り方はこちらを参考に。剥がした後のつやつや肌を思う存分に楽しみましょう。

 

42. 新しいことを学ぶ。言語学習アプリの「Duolingo」をダウンロードしたり、Wikipediaの沼にはまったりと、知見を深めましょう。

 

43. 遠隔で友人と映画を観る。Netflix Partyをダウンロードすれば、いろいろな作品を友人たちと楽しむことができます。

 

44. お気に入りのプレイリストをかけて踊る。ビヨンセのヒット曲に合わせて踊れば、最高の気持ちになること間違いなし?

 

45. スキンケア習慣を見直してみる。クリームや美容液を買い込んだのに、12ステップもあるからとさぼっていませんでしたか? まずは1週間続けて試して、効果があったか結果を記録してみましょう。

 

46. 誰かにちょっと良いことをしてみる。友人にカードを送ったり、メールで近所の人の様子をうかがったりするのも良さそうです。ふとした思いやりは、自分の心も豊かにします。

 

47. 緑黄色野菜を積極的に食べる。食べたあとにはチョコレートを。バランス感覚も大切です。

 

48. podcastを聞く。気持ちを高めてくれたり、笑えたりするようなpodcastを探してみましょう。気分転換になりますし、洗濯物を畳む時間が有意義になります。おすすめはアンナ・ヴィクトリアの『Your Best Life』か、『Royally Obsessed』です。

 

49. スケジュールに「自分だけの時間」を組み込む。1週間の計画を立てる時には、自分ひとりで自由に過ごすための時間を書き込んでおきましょう。

 

50. 何もしない。じっとしていることにも、意味がありますよ。

 

 

この記事は、PureWowが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは、legal@newscred.comにお願いいたします。

share