Beauty  

連載 〈美しさの秘密〉
第1回 歌舞伎俳優・尾上松也「 伝統芸能を担う、美しき挑戦者」

伝統や風習に縛られず、様々な分野で活躍する人々にフォーカスし、彼らの「美しさ」の秘密を掘り下げる本企画。 第1回目に登場するのは、歌舞伎俳優の尾上松也さん。ミュージカルへの出演やアニメーション映画の吹替など、常に新たな分野に挑戦し続けながら、歌舞伎を未来へと継承する姿に、美しさのヒントをみつけました。
share
尾上松也

伝統芸能の中で生き続ける術とは

−2018年は、1月の新春浅草歌舞伎に始まり、各地での歌舞伎公演が続き、多くの初役、大役に挑戦されました。その一方で、9月にONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 Produced by TBS(作・宮藤官九郎/演出・いのうえひでのり)では主演を勤められました。歌舞伎俳優でありながらも、常に革新的な分野に挑戦されている印象があります。その動機、きっかけは何でしょうか?
もともとミュージカルや歌が好きだったこともあるのですが、大きなきっかけはもっと切実なものでした。僕は古くから続く歌舞伎の家の生まれではありません。父(六世尾上松助)の代から歌舞伎を始め、僕は二代目。その父も僕が20歳のときに亡くなってしまった。そんな中で、お役をいただき続けるためには、また同世代の俳優になんとか食らいついていくためにはどうしたらいいか。そう考えた時、歌舞伎以外のジャンルでもお客様に認知していただくということが、僕が生き残っていくためには必要不可欠なことだと。早い段階からそういう思いがありまして、何度かオーディションを受けたりしました。
−当時の松也さんはまだ20代前半、未知の分野に挑戦する勇気はどこから?
いえ、勇気を出してチャレンジ、という感じではなかったですね。もうそれしか選択肢がないと思っていました。お役が来るのを待っているしかない状況。しかも待っているだけでは、何かが変わる兆しは全く感じられませんでした。変えるためには動くしかない。歌舞伎俳優であり続けるためには、新たな世界を切り拓いて勝ち得るしか術はありませんでした。やるしかない、やってうまく行かなかったら自分はそれまでの人間だ、と思っていました。
−歌舞伎の自主公演を始めたのも同じ時期ですね。『挑む』というタイトルが印象的です。
第1回目の公演の時は、とにかく必死でしたね。無理をしてでも、波風を立ててでもやるしかない、と。がむしゃらでした。自分のコンプレックスをエネルギーにしていた部分もあります。「なにくそ根性」というか。歌舞伎の自主公演となりますと、主催者の名前をつけるのが普通なのですが、それが嫌でしてね。まだ何もできない23歳が生意気だったとは思いますが、僕がいいなと思う役者さんに声をかけました。あえて自分を中心にせず、自分と彼らの会である、僕たちの会であるという意味で『挑む』と名付けたのです。
−文字通り、今までの伝統に『挑む』姿勢でもあったのですね。スタートから10年目を迎えますが、挑んだ先に得たものは?
回を追うごとにだんだんお客様にも認知していただいて。また、歌舞伎以外でお仕事がいただけるようになると、歌舞伎の方でも徐々にお役をいただけるようになりました。2014年に『コクーン歌舞伎 三人吉三』で、同世代の中村勘九郎さん、七之助さんご兄弟と三枚看板でやらせていただき、昨年2月も同様に肩を並べて舞台に立たせていただきました。10年前、『挑む』を始めた時に思い描いていた自分が、今ここにいるという気持ちはしますね。ただ、気を抜いたら自分はすぐ終わってしまうという意識もあります。自主公演というものは、そういう気持ちを忘れさせないでいてくれる場です。年齢を重ね、様々な経験をしても、初心を思い起こさせてくれるような公演になっています。
メタルマクベス
©2018『メタルマクベス』disc2/TBS・ヴィレッヂ・劇団☆新感線、【撮影:田中亜紀】
「挑む 若き歌舞伎役者の舞」2009年 太刀盗人 すっぱの九郎兵衛 ©KENTA AMINAKA
48 件
share