POLA

POLA

フォロー

1 人にフォローされています

正解のない未来をプロダクトの力で創造する――産学連携プロジェクトから見えてきた未来のかたち

正解のない未来をプロダクトの力で創造する――産学連携プロジェクトから見えてきた未来のかたち

企業と大学が連携して研究・開発、ワークショップなどを行う産学連携プロジェクト。こうした取り組みは盛んに行われており、学生にとっては社会や企業との接点ができ、企業側にとっても、学生の柔軟な発想から思いがけないアイデアを得る機会になります。2020年、ポーラが多摩美術大学と行なった約半年間にわたるワークショップでは、ポーラのデザイナー7人と同大生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻の学生4人が、「美と健康に貢献する10年後のライフスタイルプロダクト」をテーマにしたアイディエーションを開催。“10年後の未来”について考えを巡らせ、アイデアが生み出されるプロセスはどのようなものだったのでしょうか。参加したデザイナーと学生に話を聞きました。
自分らしい生き方を見つけていく――ポーラで働く3人が語る、多様性との向き合い方

自分らしい生き方を見つけていく――ポーラで働く3人が語る、多様性との向き合い方

「一人ひとりの魅力が明日につながる」というメッセージを多くの人に届けるために、”あなたの近くにいる、チャーミングで周りに元気をくれる人”を追いかけた、ドキュメンタリー企画「Focus on You」。 プロジェクトにはポーラの社員とビューティーディレクター、計3名が登場。彼らがどのように仕事と向き合い、また日々の生活を過ごしているかに焦点を当てたムービーが公開されました。 今回は、3人がどのように “自分らしさ”を捉えながら仕事と向き合っているのか、動画では語られなかった思いについて、オンラインを通して話を聞きました。
〈美しさの秘密〉第8回 モデル・市川実和子「月日を重ねて気づく“自然体”という美しさ」

〈美しさの秘密〉第8回 モデル・市川実和子「月日を重ねて気づく“自然体”という美しさ」

伝統や風習に縛られず、様々な分野で活躍する人々にフォーカスし、彼らの「美しさ」の秘密を掘り下げる本企画。第8回では、モデルや女優として活躍する市川実和子さんに、お茶を通じて得た心が豊かになる感覚や、長い時間をかけて気づいた自然体でいられることの尊さについてお聞きしました。
コトリンゴが選ぶ、“内なる美世界へと誘う”プレイリスト

コトリンゴが選ぶ、“内なる美世界へと誘う”プレイリスト

毎日ファッションやメークを変えるように、音楽も気分に合わせて着せ替えれば、心は美しくなるもの。新しい音楽との出会いは、新しい自分との出会いにもなる。そんな素敵な楽曲のセレクター、今回は卓越したピアノ演奏と浮遊感のある歌声で魅了する音楽家・コトリンゴが登場します。 剛柔織り交ぜた多彩な音楽を表現する彼女に、希望と陶酔をもたらした、世界各国さまざまなアーティストによるプレイリストを選曲。内面に宿る美しさとは、どのようにして音へと昇華されていくのでしょうか。あなたのパーソナルな時間に寄り添う楽曲を、エッセイとともにお届けします。
いい香りには“個性”がある? 自分に合うパーソナルな香りの見つけ方

いい香りには“個性”がある? 自分に合うパーソナルな香りの見つけ方

ひとたび香りを嗅ぐだけで、ほっと心が安らいだり、遠い日の記憶が蘇ったり。そんな不思議な力を持っている「香り」。古代から人は洋の東西を問わず香気に魅了され、香水やお香、アロマテラピーなどさまざまな形で親しんできました。自宅で過ごす時間が増えた近頃は、ディフューザーなどのアイテムの人気も高まっています。香りの歴史を背景に、人々が求める香りや自分に合った香りの選び方について、長年ポーラに調香師として従事し、フレグランスや化粧品の香りを開発してきた香りアドバイザーの佐藤孝(たかし)さんに聞きました。
CREATOR'S EYE 第23回 キュレーター・伊藤悠の既成概念を覆した、サウンド・アートの衝撃

CREATOR'S EYE 第23回 キュレーター・伊藤悠の既成概念を覆した、サウンド・アートの衝撃

“いま”の時代や文化をつくる人たちが、出会えてよかったモノ・コトを発信するコラム「CREATOR'S EYE」。今回は、キュレーターとして六本木アートナイトやTENNOZ ART FESTIVALに参加し、アート・音楽・映画が融合する「鉄工島フェス」も企画する伊藤悠さん。数多のアーティストを世に送り出してきた彼女に“規格外の体験”をもたらした、サウンド・アートの世界に踏み入り、アートがもたらす可能性をお伝えします。
フラワーアーティスト・東信が花の生命をもって伝えたいこと 〜後編〜

フラワーアーティスト・東信が花の生命をもって伝えたいこと 〜後編〜

フラワーアーティストとして、またオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS(ジャルダン・デ・フルール)」も運営する東信(あずま・まこと)さん。前編では、ご自身の活動を通して伝えていきたいことを話していただきました。後編では、東さんが手掛けたB.A第6世代のアートワークが生まれた背景や、そこに込めたメッセージ、そしてアートの持つ可能性について伺います。
環境アクティビストの小野りりあんさんと考える、きちんと知り、選ぶことで始まるサステナブルな暮らし

環境アクティビストの小野りりあんさんと考える、きちんと知り、選ぶことで始まるサステナブルな暮らし

「サステナブル」「エシカル」という言葉が日本にも徐々に浸透しています。選択肢が多いのはいいことですが、グリーンウォッシュ(環境配慮をしているように装い、ごまかすこと)が世界で問題に挙がっていることも事実。透明性を示すべく、生産背景について情報発信する企業も増えるなか、生活者はどのようなことに配慮して、日々使うものを選ぶべきなのでしょうか。環境アクティビストとして活動するモデルの小野りりあんさんに伺います。
115 件