POLA

POLA

フォロー

1 人にフォローされています

フラワーアーティスト・東信が花の生命をもって伝えたいこと 〜後編〜

フラワーアーティスト・東信が花の生命をもって伝えたいこと 〜後編〜

フラワーアーティストとして、またオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS(ジャルダン・デ・フルール)」も運営する東信(あずま・まこと)さん。前編では、ご自身の活動を通して伝えていきたいことを話していただきました。後編では、東さんが手掛けたB.A第6世代のアートワークが生まれた背景や、そこに込めたメッセージ、そしてアートの持つ可能性について伺います。
環境アクティビストの小野りりあんさんと考える、きちんと知り、選ぶことで始まるサステナブルな暮らし

環境アクティビストの小野りりあんさんと考える、きちんと知り、選ぶことで始まるサステナブルな暮らし

「サステナブル」「エシカル」という言葉が日本にも徐々に浸透しています。選択肢が多いのはいいことですが、グリーンウォッシュ(環境配慮をしているように装い、ごまかすこと)が世界で問題に挙がっていることも事実。透明性を示すべく、生産背景について情報発信する企業も増えるなか、生活者はどのようなことに配慮して、日々使うものを選ぶべきなのでしょうか。環境アクティビストとして活動するモデルの小野りりあんさんに伺います。
ミライビラボ「顔の角度で年齢が変わる? 顔の3D解析と年齢印象の関係」

ミライビラボ「顔の角度で年齢が変わる? 顔の3D解析と年齢印象の関係」

論文を読み解き、美のエビデンスに触れる「ミライビラボ」。今回は「Principal component analysis of three‐dimensional face shape: Identifying shape features that change with age(邦題:顔形状の加齢変化をはかる〜主成分分析法を用いて〜)」についての論文を読み解きます。私たちは目の前の人の顔から様々な情報をキャッチしようとします。わかりやすい要素のひとつが年齢です。では人は顔のどこを見ながら年齢を判断しているのでしょうか。日常で感じた気づきから始まった年齢印象の研究のプロセスや結果などについて、ポーラ化成工業フロンティアリサーチセンターの黒住元紀研究員に聞きました。
オリジナル短編小説『朝』 第12話

オリジナル短編小説『朝』 第12話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。最終話となる第12話は、白い花。
オリジナル短編小説『朝』 第11話

オリジナル短編小説『朝』 第11話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第11話は、バラ。
オリジナル短編小説『朝』 第10話

オリジナル短編小説『朝』 第10話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第10話は、洋ギク。
オリジナル短編小説『朝』 第9話

オリジナル短編小説『朝』 第9話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第9話は、アルストロメリア。
オリジナル短編小説『朝』 第8話

オリジナル短編小説『朝』 第8話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第8話は、ユリ。
オリジナル短編小説『朝』 第7話

オリジナル短編小説『朝』 第7話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第7話は、睡蓮。
オリジナル短編小説『朝』 第6話

オリジナル短編小説『朝』 第6話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第6話は、ジャスミン。
オリジナル短編小説『朝』 第5話

オリジナル短編小説『朝』 第5話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第5話は、アンスリウム。
オリジナル短編小説『朝』 第4話

オリジナル短編小説『朝』 第4話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第4話は、一重咲きの白いバラ。
202 件