POLA

POLA

フォロー

1 人にフォローされています

オリジナル短編小説『朝』 第11話

オリジナル短編小説『朝』 第11話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第11話は、バラ。
オリジナル短編小説『朝』 第10話

オリジナル短編小説『朝』 第10話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第10話は、洋ギク。
オリジナル短編小説『朝』 第9話

オリジナル短編小説『朝』 第9話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第9話は、アルストロメリア。
オリジナル短編小説『朝』 第8話

オリジナル短編小説『朝』 第8話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第8話は、ユリ。
オリジナル短編小説『朝』 第7話

オリジナル短編小説『朝』 第7話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第7話は、睡蓮。
オリジナル短編小説『朝』 第6話

オリジナル短編小説『朝』 第6話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第6話は、ジャスミン。
オリジナル短編小説『朝』 第5話

オリジナル短編小説『朝』 第5話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第5話は、アンスリウム。
オリジナル短編小説『朝』 第4話

オリジナル短編小説『朝』 第4話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第4話は、一重咲きの白いバラ。
オリジナル短編小説『朝』 第3話

オリジナル短編小説『朝』 第3話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第3話は、ゼラニウム。
オリジナル短編小説『朝』 第2話

オリジナル短編小説『朝』 第2話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第2話は、ラベンダー。
オリジナル短編小説『朝』 第1話

オリジナル短編小説『朝』 第1話

花々が茎や葉、根で作られるように、私たちも一つひとつの記憶や経験、生き方でつくられる。独特の文体で知られる芥川賞作家・小山田浩子が書き下ろしたのは、花にまつわる記憶とともに新しい朝へと向かう、一人の女性の物語。出会うすべてのことを栄養にしながら、自分を信じて前へ。第1話は、シンビジウム。
冬の火鍋と、温かくも懐かしい台北ローカルの賑わい―旅する料理人とおいしい話 vol.8

冬の火鍋と、温かくも懐かしい台北ローカルの賑わい―旅する料理人とおいしい話 vol.8

「ごはんと旅は人をつなぐ」をテーマに、世界中を旅しながら美食を追い求める料理家・山田英季さん。世界各国を渡り歩いてきた山田さんが旅先で出会った、おいしくて美しい食べ物にまつわるストーリーと再現レシピをお届け。第8回は、“食べるのに忙しい”グルメ大国、台湾・台北。活気溢れる蚤の市「重新橋観光市集」と、心も体も温まるローカルフードのお話。
CREATOR'S EYE 第22回 ホテルプロデューサー・龍崎翔子のライフスタイルを形成した“チルアウト感覚”

CREATOR'S EYE 第22回 ホテルプロデューサー・龍崎翔子のライフスタイルを形成した“チルアウト感覚”

“いま”の時代や文化をつくる人たちが、出会えてよかったモノ・コトを発信するコラム「CREATOR'S EYE」。今回登場するのは、カルチャーを通じてゲスト同士の出会いと交流を誘発する、「チルアウト」をコンセプトにしたソーシャルホテル『HOTEL SHE,』プロデューサーの龍崎翔子さん。第一線のビジネスパーソンとして多くのメディアを賑わせる彼女の感性を育んだ、仲間とあてどなく過ごした大学生活。その記憶から紐解く「心地良い陶酔を志向する生き方」を綴ります。
〈美しさの秘密〉第7回 女優/作家・酒井若菜「新しい自分を発見することで磨かれる、これからの美しい生き方」

〈美しさの秘密〉第7回 女優/作家・酒井若菜「新しい自分を発見することで磨かれる、これからの美しい生き方」

伝統や風習に縛られず、様々な分野で活躍する人々にフォーカスし、彼らの「美しさ」の秘密を掘り下げる本企画。第7回では、女優や作家として活動する酒井若菜さんに、ものを書くことや3年にわたって編集長を務めてきたWebマガジンのこと、今後目指す姿について伺いました。さまざまな面で次のステップへと向かう酒井さんは今、何を考えているのでしょうか。
114 件