CREATOR'S EYE 第1回「ふいに泣いてしまった小説」

CREATOR'S EYE
第1回「ふいに泣いてしまった小説」

あるひとつのテーマについて、3人のクリエイティブな仕事をしている方に推薦いただく本企画。第1回目のテーマは「ふいに泣いてしまった小説」です。本を読む時間が減ってきているといわれる昨今、情報を得るためだけではない読書の時間は、たくさんの気づきをもたらしてくれます。彼らが推薦する本から、ただ“泣ける”だけではない、美しい生き方に通じる物語の魅力に迫ります。
読み手をつなぐ絵本型アートブック『A BOOK 〜しずかな こえ〜』

読み手をつなぐ絵本型アートブック『A BOOK 〜しずかな こえ〜』

“絵本“のようなアートブック『A BOOK 〜しずかな こえ〜』。選び抜かれた言葉と、淡い色彩の紙版画が織り成すシンプルなストーリーが読む人の心にしっとり染み入ります。なぜ絵本というスタイルなのでしょうか。デザイナーであり、『A BOOK』の制作者、成澤豪さんの考えとは。
2 件